テーブルプレフィックスを変更できるWordPress プラグインのまとめ

  • 19732
    views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

wp-config.php 内のテーブルプレフィックスの設定が「デフォルトのwp_ のままだと危ないよ」とよく言われていますね。

WordPress をインストールする前であれば、wp-config.php ファイル内の $table_prefix をwp_ 以外の別の記述にしてしまえば良いのですが、インストール後であればデータベースのテーブル名も変更する必要があります。

「手動で変更する方法が分からない…」「データベースを直接操作したくない…」

という場合でもプラグインを利用すれば、既にインストールを終えたWordPress ブログのプレフィックスを簡単に変更することができますので、今回はテーブルプレフィックスの変更が可能なプラグイン2 つを紹介させていただきます。

※手動による変更方法は、参考サイトを交えて軽めに紹介させていただきます。
また、手動、プラグインいずれの方法でも、操作前に必ずバックアップを取ってください。


WP Security

まず1つ目のプラグインは、WordPress の総合セキュリティツールでもあるWP Security です。
テーブルプレフィックスを変更できるWordPress プラグインのまとめ

WP Security は、<head> 内にWordPress のバージョン情報を出さない等の色々なセキュリティ対策ができますが、今回はプレフィックスの変更ですので、

管理画面左メニュー「WP Security」より「Database」リンクをクリックして、Acunetix WP Security – Database Tools ページへ移動し、
テーブルプレフィックスを変更できるWordPress プラグインのまとめ

バックアップを済ませたら、Change Database Prefix 欄で新しいプレフィックスを入力して「Start Renaming」ボタンをクリックします。
テーブルプレフィックスを変更できるWordPress プラグインのまとめ

Change DB Prefix

こちらは名前の通り、プレフィックスの変更を行うだけのプラグインChange DB Prefix です。
テーブルプレフィックスを変更できるWordPress プラグインのまとめ

単純にプレフィックスだけを変更したいという場合に、サクっと処理できて便利です。

Existing Prefix:に今までのプレフィックスを、New Prefix:に新しいプレフィックスを入力します。
テーブルプレフィックスを変更できるWordPress プラグインのまとめ

Change DB Prefix の注意点

但しこの Change DB Prefix プラグインですが、

wp-config.php も書き換えてくれると書いてあるが、書きかわっていなかった。これを実行する場合は、wp-config.php を手動で変えられるときに実行するように。でないとdbは書きかわってもwp-config上のprefixがかわっていないから、ログイン/閲覧できなくなります!

Change DB Prefix | WordPressのプラグイン紹介 plug-em in

のように、wp-config.php の中身を確認しながら作業を行った方が良さそうですね。

パーミッションの問題も絡んでそうですが、当方ではヘテムルサーバとWordPress バージョン3.8.1 の環境で、問題なくwp-config.php ファイルの中身が書き換わりました。


手動でテーブルプレフィックスを変更

最後に手動でプレフィックスを変更する方法ですが、
流れとして、wp-config.php ファイルの
$table_prefix  = 'wp_';
wp_ 記述を変更して、phpMyadmin でMySQL からテーブル名を変更する、という感じになります。

  • 19732
    views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この投稿と関連する記事一覧

この記事に関するコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください