WordPressでチャット機能を実現させるプラグイン「Quick Chat」

  • 31374
    views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Quick Chat なるWordPressプラグインがあったので、試しに入れてみました。

ブログ上でチャットをするのかどうか??はちょっと別の話なのですが、導入が簡単だったので、SNS系のプラグインはちょっと…という方だと、こちらの方がオススメかもしれません。

Quick Chat のインストール

WordPressの管理画面より Quick Chatで検索してプラグインの新規追加と有効化を行います。


Quick Chat の使用感

Quick Chatプラグインが初期設定のままの場合、チャットユーザーはユーザーネームを「Guest_***」としてチャットを行っていくのですが、イメージとしては Twitter に近い形 で進行していきます。

オンラインのユーザーがいれば、そのユーザーに対して「@Guest_***」と指名しながら対話していく流れです。Twitter のRT のような感じですね。
WordPressでチャット機能を実現させるプラグイン「Quick Chat」

Quick Chat の設定

具体的な設定方法ですが、ほぼ初期設定で良いかと思います。

色々設定を変更してもフロント画面に変化がなかった > <;ので、
スムーズに導入出来ると思います。
WordPressでチャット機能を実現させるプラグイン「Quick Chat」

必要な設定と言えば、チャットユーザーの「ユーザーネーム」を変えるくらいかなと思いますが、その他の主要な設定箇所の説明、概要に関しては以下の通りです。
Chat name prefix for guest users:初期のゲストユーザーネームの設定を行います。
初期値(ユーザーネーム接頭辞)は「Guest_」です。
Maximum number of digits for random
guests chat user name suffix:
「ゲストユーザーネームの表示桁数」だそうですが、
設定変更しても特に変化が見られませんでした > <;
初期値「3」のままでも良いかもしれません。
Keep number of messages in Quick Chat
database automatically around this value:
各々「タイムアウト」の時間設定をするようですが
初期値のままでも良いかもしれません。
Timeout for refreshing list of online users:


セキュリティ設定

後はオプションですが、セキュリティ設定(Security options)の一貫として、「ログインしているユーザーのみ」チャットを許可するという、ややクローズドな形で使用する場合は、
Only logged in users can use chat:
にチェックを入れれば、一般ユーザーのチャット参加は遮断されます。
WordPressでチャット機能を実現させるプラグイン「Quick Chat」

WordPressでサイトを運営している場合、関係者内でのクローズドなコミュニケーションの場として利用するなど、シーンは限られると思いますので、ROMになってしまうのが良いのか?どうか?はサイトの運用形態に合わせてお好みで設定してください。

まだまだ活用しきれていないですが、カスタマイズ次第では、コメント機能の替わりになるような印象です。

当ブログでも、導入に向けて検討してみようと思います。

  • 31374
    views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この投稿と関連する記事一覧

この記事に関するコメント

  1. アバターを消すことはできますでしょうか???
    ウィジェットを使うと出来るのですが、投稿ページや固定ページでの
    消す方法が分かりませんでした。
    お分かりであれば教えて下さい!
    宜しくお願いします。

    1. コメントいただき有り難うございます。

      プラグインファイルの細かい部分までは見ていないので恐縮ですが、
      「消す」というのが、設定上は出来ないようです。

      div.quick-chat-history-header img.avatar {display: none}
      で、アバターをCSSで非表示にすると
      画面上には表示されなくなるかと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください