バージョン3.7 系で「自動更新」の詳細設定ができるWordPress プラグイン「Advanced Automatic Updates」

  • 7334
    views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

先日のWordPress 3.7 系の自動更新が利用できるかどうかを確認できるプラグイン「Background Update Tester」 の記事とも関連しますが、

今回はWordPress のバージョン3.7 系で「自動更新」の詳細設定ができるプラグイン「Advanced Automatic Updates」のご紹介です。

Advanced Automatic Updates は以前から存在していたプラグインなのですが、現在はWordPress 3.7 から実装された「自動更新」機能の中身を設定できるプラグインとしてバージョンアップされています。

Advanced Automatic Updates のインストール

管理画面のプラグイン新規追加より Advanced Automatic Updates を検索するか、以下のページからプラグインファイルをダウンロードします。

Advanced Automatic Updates プラグインの最新版は、WordPress 3.7 以上でないと動きません。3.7 以下だとエラーが出ます> <;
バージョン3.7 系で「自動更新」の詳細設定ができるWordPress プラグイン「Advanced Automatic Updates」

アドバンスド自動更新

WordPress 管理画面左の「設定」メニューより「アドバンスド自動更新」リンクをクリックします。
バージョン3.7 系で「自動更新」の詳細設定ができるWordPress プラグイン「Advanced Automatic Updates」

アドバンスド自動更新 ページで自動更新及び、通知メールの受信先などの設定を行うことができます。
バージョン3.7 系で「自動更新」の詳細設定ができるWordPress プラグイン「Advanced Automatic Updates」

設定できる内容としては以下の通りです。

WordPress 本体の自動更新設定

WordPress 本体の自動更新対象を「メジャーバージョン」、「マイナーおよびセキュリティ版」のチェックボックスより選択します。

プラグイン、テーマの自動更新

続いて、プラグインやテーマファイルを自動更新したい場合にチェックを入れます。


更新実施時の通知設定

更新実行時にサイト管理者宛にメールが送信されるようです。

別のメールアドレスで更新の通知メールを受け取りたい場合は、テキストボックスにアドレスを入力し、
バージョン3.7 系で「自動更新」の詳細設定ができるWordPress プラグイン「Advanced Automatic Updates」

メールを受信しない場合は「メール通知を無効にする」にチェックを入れます。
バージョン3.7 系で「自動更新」の詳細設定ができるWordPress プラグイン「Advanced Automatic Updates」

Advanced Automatic Updates により自動更新を上手くコントロール出来たかどうか!?は、今後の状況を見ながらになりますので、改めて続報を掲載したいと思います。

  • 7334
    views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この投稿と関連する記事一覧

この記事に関するコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください