ページ上に雪を降らせることができるWordPressプラグン「WP Snow Drops」

  • 8842
    views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

つい最近まで猛暑の夏だったかと思えば、例年にない台風の来襲。。。
そして、もうあっという間に冬を迎えますね。

季節毎に趣向を凝らした見せ方をされているサイトやブログも多いのではないかと思いますが、プラグインをインストールするだけでページ上に雪を降らすことができるという「WP Snow Drops」が面白そうだったので試してみました。

WP Snow Drops のインストール

以下のページから WP Snow Drops のプラグインファイル一式をダウンロードします。


WP Snow Drops の設定

管理画面はこんな感じです。
ページ上に雪を降らせることができるWordPressプラグイン「WP Snow Drops」

設定項目は WP Snow Drops の設定ページ内にも記載されていますが、まとめるとこのような感じです。

sd_flakesMax

降る雪 + 積もる雪の総数。
初期値は「64」で、値が小さいほどCPU消費が抑えられます。

sd_flakesMaxActive

降る雪の総数。初期値は「64」で、
値が小さいほどCPU消費が抑えられます。

sd_vMaxX

横方向に降る雪の最高速度。初期値が「2」で1 ~ 10 まで入ります。
値が大きいほど早くなります。

sd_vMaxY

縦方向に降る雪の最高速度。初期値が「3」で1 ~ 10 まで入ります。
値が大きいほど早くなります。

sd_snowStick

ページ最下部に雪を積もらせるかどうかの設定。

sd_followMouse

雪をマウスに追従させるかどうかの設定。

sd_useMeltEffect

雪が溶け消えるエフェクトをかけるかどうかの設定。

sd_useTwinkleEffect

雪がまたたくエフェクトをかけるかどうかの設定。


速度の他にも雪を積もらせるかどうかなどを、かなり細かく設定できます。


WP Snow Drops のサンプル

このように、フロント画面に雪が降ります。
ページ上に雪を降らせることができるWordPressプラグイン「WP Snow Drops」

動いているものはこちらで確認できます。

現在使っているテーマでも、大きな改修無しに手軽に冬のアイテムを取り入れられるので良いですね。

  • 8842
    views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この投稿と関連する記事一覧

この記事に関するコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください