Facebookページで「Static HTML」アプリを利用したコンテンツを作成する方法

  • 31534
    views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

<iframe> を利用して、例えば自社サーバ内に用意したホームページコンテンツをFacebook ページ内に表示させるためには、Facebookの Static HTML アプリを使うと便利です。

表示させたいコンテンツのソースコード(<iframe></iframe>など)をStatic HTML アプリの編集画面で入力し、Facebookアカウントと連携することで実現可能となりますので、複雑なアプリを作成するなどの手間は不要です。

前提

※自社サーバ環境などにFacebook ページで表示させるコンテンツがすでに用意されている、という前提で紹介をさせていただきます。まだ用意されていない場合は先にコンテンツをご用意の上、以下のステップをお読みください。


Facebook にログイン

まずは以下の Static HTML アプリのぺージへ移動します。
※Facebookにログインする必要があります。


Static HTML の設定

「アプリへ移動」ボタンをクリックして Static HTML アプリの設定・インストール画面へ遷移します。
Facebookページで「Static HTML」アプリを利用したコンテンツを作成する方法

Static HTML と連携するアプリの選択

「Static HTML」を利用中のFacebook ページ一覧が表示されますので、Static HTML と連携するFacebook ページ名、または「編集」ボタンをクリックします。
Facebookページで「Static HTML」アプリを利用したコンテンツを作成する方法

Facebook ページに表示するコンテンツの入力

Static HTML 02 :を編集する ページへ移動しますので、ここで <iframe> などのソースコードを入力します。以下、<iframe>を用いた一例です。
※「src=””」の部分は、自社サーバ環境などに用意したコンテンツのURL を記入してください。
Facebookページで「Static HTML」アプリを利用したコンテンツを作成する方法

いいね!ボタンクリックの前後で表示するコンテンツを切り替え

ページ中段に「常に上記を表示」「いいねを押していない場合は以下を表示」のいずれかが選択できるようになっています。
Facebookページで「Static HTML」アプリを利用したコンテンツを作成する方法

「いいねを押していない場合は以下を表示」を選択した場合、文字通り、Facebookページ上の「いいね!」ボタンのクリック前後で、表示させるコンテンツを変えることが可能です。

登録した内容が保存されたので、「戻る」ボタンをクリックして「Static HTML」を利用中のFacebook ページ一覧へ戻ります。
Facebookページで「Static HTML」アプリを利用したコンテンツを作成する方法

Static HTML の設置

Static HTML アプリの設定が完了しましたので、登録したコンテンツをどのFacebook ページ、またはアプリに設置するかを選択します。

新しいFacebookページに「Static HTML」を設置より、Static HTMLアプリを設置したいFacebookページ、またはアプリを選択して「登録する」ボタンをクリックしてください。
Facebookページで「Static HTML」アプリを利用したコンテンツを作成する方法

登録が完了しました。
Facebookページで「Static HTML」アプリを利用したコンテンツを作成する方法

Facebook ページへ表示させるコンテンツの登録はこの段階で完了しましたので、あとはFacebook アカウントとの Static HTML アプリの連携、並びにFacebookページへの表示方法をご説明します。


Static HTML とFacebookアカウントの連携

「Static HTML」を利用中のFacebookページ一覧より、ページ下部の「設定を反映する」ボタンをクリックしてください。
Facebookページで「Static HTML」アプリを利用したコンテンツを作成する方法

Facebook アカウントとの連携ページへ遷移しますので、連携するFacebook ページ、またはアプリを選択して、「Static HTMLを追加する」ボタンをクリックしてください。
Facebookページで「Static HTML」アプリを利用したコンテンツを作成する方法

Facebook ページに Static HTML アプリが追加されました。
Facebookページで「Static HTML」アプリを利用したコンテンツを作成する方法

Static HTML のタブ(メニュー)名の変更

最後に Static HTML アプリで登録したコンテンツをFacebook ページに表示させる設定を行います。

Facebook ページの編集を行い、追加された Static HTML アプリのタブ(メニュー)名を変更します。Facebookページの編集画面より左メニューの「アプリ」リンクを選択して、追加された Static HTML アプリの「設定を編集」リンクをクリックします。

タブ(メニュー)名を登録してから「保存」ボタンをクリックし、最後に「OK」ボタンをクリックします。
Facebookページで「Static HTML」アプリを利用したコンテンツを作成する方法

これでFacebook ページに Static HTML アプリの設置が完了します。

「いいね!」ボタンのクリック前後で表示内容変えることができる。

Static HTML アプリを利用する理由ですが <iframe> を使用できることに加えて、この「「いいね!」ボタンのクリック前後で表示内容変えることができる。」点が非常に大きいです。

当Facebookページの場合は「いいね!」ボタンをクリックする「前」と「後」で、それぞれに適したコンテンツページを<iframe>で読み込んでいますが、現在のところ上記方法で問題なくコンテンツは表示され、且つ「いいね!」ボタンのクリック前後での動作(コンテンツ表示内容)も特に問題ないようです♪


Static HTMLは、1つのFacebookページに1つのメニュー(タブ)しか使用できない。

デフォルトで1つのFacebookページに複数の Static HTML アプリを導入することはどうやら無理なようです。

現時点での問題点と言いますか、無償だから仕方ない部分と言いますか、引っかかるポイントでもあります。

有償で2個以上設置できるサービスがあるようですが、Static HTML のような機能を複数設置したい場合は、同等機能の別のアプリを利用するか、独自でアプリを作成するかになるかと思われます。

ただし、同等機能の別のアプリの場合、<iframe> を利用したコンテンツ掲載を推奨していないケースも多く、また<iframe> 自体が使えない場合がありますので、独自でアプリを作った方が上手くいくかもしれません。

  • 31534
    views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この投稿と関連する記事一覧

この記事に関するコメント

コメントを残す