リビジョンの最大保存数を自由に設定できるWordPressプラグイン「Revision Control」

  • 10434
    views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

過去にも リビジョン関係のプラグインやリビジョンの制御方法 について当ブログでも取り上げましたが、今回紹介させていただく Revision Control は、リビジョン最大保存数を自由に設定でき、且つ「投稿」「固定ページ」「カスタム投稿タイプ」別に異なったリビジョン保存数を割り当てることができるプラグインです。

Revision Control のインストール

管理画面のプラグイン新規追加より Revision Control を検索するか、以下よりプラグインファイル一式をダウンロードします。


Revision Control の設定

管理画面左メニューの「設定」から「リビジョン」のメニューを選択します。


デフォルトのリビジョン設定

「デフォルトのリビジョン設定」で「投稿」「固定ページ」の他、「カスタム投稿タイプ」の各リビジョンの最大保存数を個別に設定することができます。
リビジョンの最大保存数を自由に設定できるWordPressプラグイン「Revision Control」

例として「投稿」を見てみると、以下の選択肢より「リビジョンを保存しない」か、保存する場合の「最大保存数」を設定することができます。
リビジョン最大保存数: 無制限
投稿リビジョンを保存しない
リビジョン最大保存数: 2
リビジョン最大保存数: 3
リビジョン最大保存数: 4
リビジョン最大保存数: 5
リビジョン最大保存数: 10
リビジョン最大保存数: 20
リビジョン最大保存数: 50
リビジョン最大保存数: 100
リビジョンの最大保存数を自由に設定できるWordPressプラグイン「Revision Control」

リビジョン範囲 の設定

リビジョンの保存数は、デフォルトでは「2」「3」「4」「5」「10」「20」「50」「100」という値になっていますが、「リビジョン範囲」欄で保存するリビジョン数の区切りを変更することができます。

デフォルトでは
2..5,10,20,50,100
になっていますので、2〜5までの数と10、20、50、100の区切りになります。
リビジョンの最大保存数を自由に設定できるWordPressプラグイン「Revision Control」

これを例えば
1,10,50
の3パターンにしてみると、
リビジョンの最大保存数を自由に設定できるWordPressプラグイン「Revision Control」

セレクタ内の数値が変わりました。
リビジョンの最大保存数を自由に設定できるWordPressプラグイン「Revision Control」

リビジョンは使いたいけど無制限に溜め込むのは嫌だな…という場合に、自由に最大保存数を決めれる Revision Control は便利なプラグインではないかと思います。

  • 10434
    views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この投稿と関連する記事一覧

この記事に関するコメント

コメントを残す