投稿記事でPHPを実行させることができるWordPressプラグイン「runPHP」

  • 13198
    views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

投稿記事内でPHPを実行させるプラグインは Exec-PHP などが存在しますが、今回は WordPress 2.x系からお世話になっている runPHP のご紹介です。

runPHP をインストール後、投稿記事内で「runPHP」にチェックを入れて公開するだけで投稿記事内でPHP が実行できます。

runPHP のインストール

runPHP プラグインの入手は、以下のサイトから最新版をダウンロードします。


runPHP の使い方

WordPress管理画面で runPHP を有効化すれば、あとは記事を書く時にページ下部の「runPHP code?」にチェックを入れるだけで投降記事内でPHPが実行されます。
投稿記事でPHPを実行させることができるWordPressプラグイン「runPHP」

一応、WordPress管理画面内には runPHP のオプション設定画面がありますが、ユーザー権限に対して処理の実行を許可するかどうか?の設定だけなので、特に大きな設定変更などは不要です。
投稿記事でPHPを実行させることができるWordPressプラグイン「runPHP」

runPHP でPHPを実行した記事は、カスタムフィールドの値が「1」になります。
投稿記事でPHPを実行させることができるWordPressプラグイン「runPHP」

  • 13198
    views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この投稿と関連する記事一覧

この記事に関するコメント

コメントを残す