固定ページ等で投稿記事を一覧表示できるWordPressプラグイン「Posts in Page」

  • 37142
    views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

投稿画面にショートコードを貼付けて、記事を一覧表示することができるプラグイン Posts in Page のご紹介です。

企業サイトで定番の「TOPページに最新投稿記事を5件表示したい」のような見せ方も、PHPをゴリゴリ触ることなく、記事を表示させたい場所にPosts in Page のショートコードを貼付けるだけで実現できますので便利です。

また、Posts in Page による記事の出力は特定のカテゴリ、特定の記事ID、カスタム投稿タイプなど様々な条件にも対応していますので、非常に使い勝手の良いプラグインではないかと思います。

Posts in Page のインストール

管理画面のプラグイン新規追加より Posts in Page を検索するか、以下よりプラグインファイル一式をダウンロードします。


Posts in Page の設定

管理画面左メニューの「設定」より「Posts in Page」リンクをクリックします。
固定ページ等で投稿記事を一覧表示できるWordPressプラグイン「Posts in Page」

ご覧の通り、Posts in Page ページに掲載しているのはショートコードの使い方くらいで、特別何かを設定するということはない…

ので、以下でそのショートコードの使い方をいくつか紹介致します。


Posts in Page のショートコード一覧


[ic_add_posts]

すべての記事を表示します。

[ic_add_posts ids=’1,2,3’]

投稿ID を指定して記事を一覧表示することができます。
複数ある場合はカンマ区切りで指定します。

[ic_add_posts post_type=’post_type’]

カスタム投稿タイプの記事を一覧表示します。

[ic_add_posts showposts=’5’]

記事の表示件数を指定します。
showposts=’5′ であれば「5件」表示することになります。

[ic_add_posts category=’category-slug’]

カテゴリスラッグを指定することで、特定のカテゴリの記事を一覧表示できます。

[ic_add_posts tag=’tag-slug’]

タグのスラッグを指定すると、特定のタグの記事を一覧表示できます。


出力記事のデザインについて

ショートコードを使って出力された記事は、以下のような構造になっています。
<h2 class="entry-title">
	<a href="パーマリンク">ブログタイトル</a>
</h2>

<div class="entry-summary">
    <p>記事本文の抜粋</p>
</div>

<div class="entry-utility">
	<span class="cat-links">
		<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-cat-links">カテゴリー:</span>
        <a href="カテゴリリンク">カテゴリ名</a>
	</span>
	<span class="meta-sep">|</span>
	<span class="tag-links">
		<span class="entry-utility-prep entry-utility-prep-tag-links">タグ:</span>
        <a href="タグリンク">タグ名</a>
	</span>
	<span class="meta-sep">|</span>
	<span class="comments-link">
		<a href="コメントリンク">コメントをどうぞ</a>
	</span>
	<span class="meta-sep">|</span>
        <span class="edit-link">
        <a class="投稿の編集リンク">編集</a>
	</span>
</div>
タイトル、本文、カテゴリ等のリンク別にクラスが割り当てられていますので、CSS でデザイン補正することも難しくはなさそうです。

  • 37142
    views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この投稿と関連する記事一覧

この記事に関するコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください