カスタム投稿タイプにも対応した、パン屑ナビ用のWordPressプラグイン「Breadcrumb NavXT」

  • 32019
    views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

当ブログではパン屑ナビを設置していなかった…ということに今頃気づいたので、パン屑ナビを手軽に設置できるWordPressプラグイン Breadcrumb NavXT を導入しました。

ブログの場合、投稿記事は某かのカテゴリに紐づいていることが多いので、パン屑ナビの見え方は

HOME > カテゴリ > 記事
が一般的ではないと思います。

また、企業サイトの場合であればカスタム投稿タイプを利用するケースも多いため、
HOME > カスタム投稿タイプ > 記事
となると思います。

パン屑ナビ系のプラグインは他にもありますが、通常投稿にもカスタム投稿タイプにも両方対応しており、且つプラグインをインストールして有効化するだけで簡単に利用できる Breadcrumb NavXT が一番使いやすいかな〜という印象です。

Breadcrumb NavXT のインストール

管理画面から Breadcrumb NavXT を検索してするか、以下のページよりプラグインファイルをダウンロードします。

管理画面の Breadcrumb NavXT 設定ページはこんな感じになっています。
カスタム投稿タイプにも対応した、パン屑ナビ用のWordPressプラグイン「Breadcrumb NavXT」

Breadcrumb NavXT の一般設定

まずは基本的な設定である「General」ページです。

基本設定ですが、主にパン屑ナビの書式を変更していく感じになります。

Breadcrumb Separator」では、パン屑の「区切り文字」を設定できます。
デフォルトは「 > 」ですので、お好みで「 » 」に変更しても良いかもしれません。
カスタム投稿タイプにも対応した、パン屑ナビ用のWordPressプラグイン「Breadcrumb NavXT」

あと、パン屑ナビのリンクですが、デフォルトでは
<a title=”Go to %title%.”…>
と英語表記になっていますので、
<a title=”%title%”…>
もしくは
<a title=”%title%へ。”…>
などにしておくと良いかもしれません。
カスタム投稿タイプにも対応した、パン屑ナビ用のWordPressプラグイン「Breadcrumb NavXT」

Current Item」では、現在閲覧しているページのタイトルにリンクを貼るかどうかを選択できます。デフォルトではリンクが外れていますので、リンクを有効にする場合はチェックを入れます。
カスタム投稿タイプにも対応した、パン屑ナビ用のWordPressプラグイン「Breadcrumb NavXT」

Home Breadcrumb」ですが、
HOME > カテゴリ > 記事
の構造のパン屑ナビであれば、先頭の「HOME」の表記を付けるか?付けないか??を選択できます。チェックを外すと、先頭の「HOME」の記述が表示されません。
カスタム投稿タイプにも対応した、パン屑ナビ用のWordPressプラグイン「Breadcrumb NavXT」

Breadcrumb NavXT の通常投稿・固定ページ・カスタム投稿ページの設定

続いて「Post Types」のページです。

ここでは、通常投稿・固定ページ・カスタム投稿ページ のパン屑ナビの設定になりますが、(2)の基本設定とほぼ同じです。
カスタム投稿タイプにも対応した、パン屑ナビ用のWordPressプラグイン「Breadcrumb NavXT」

「Posts」の「Post Hierarchy Display」のチェックを外すと、
HOME > カテゴリ > 記事
のパン屑ナビでいうところの「カテゴリ」が表示されなくなります。
カスタム投稿タイプにも対応した、パン屑ナビ用のWordPressプラグイン「Breadcrumb NavXT」

Post Hierarchy」では、
HOME > カテゴリ > 記事
にするか、
HOME > 日付(年月日) > 記事
にするか、
HOME > タグ > 記事
にするか、などを選択できます。
カスタム投稿タイプにも対応した、パン屑ナビ用のWordPressプラグイン「Breadcrumb NavXT」

ここはあくまで「通常投稿」の設定なので、仮に「Post Hierarchy Display」のチェックを外したとしても、カスタム投稿ページのパン屑ナビには影響はありません。

カスタム投稿タイプページのパン屑ナビは、ページ下部の「カスタム投稿」の欄で操作します。
カスタム投稿タイプにも対応した、パン屑ナビ用のWordPressプラグイン「Breadcrumb NavXT」

Breadcrumb NavXT のタクソノミーページの設定

今度は「Taxonomies」の設定です。
カスタム投稿タイプにも対応した、パン屑ナビ用のWordPressプラグイン「Breadcrumb NavXT」

設定事項は、上記(2)(3)とほぼ同じです。


Breadcrumb NavXT のその他ページの設定

最後に「Miscellaneous」ページです。

Miscellaneous とは「種々雑多な」 の意味らしいですが、要は今まで見てきた以外の「その他」のページの設定ということでしょう。

Author Archives や検索結果ページ、404ページなどのパン屑ナビを設定変更できます。
カスタム投稿タイプにも対応した、パン屑ナビ用のWordPressプラグイン「Breadcrumb NavXT」

Search Template」では検索結果ページの文言を変えたり、「404 Title」でNot Found ページの文言を変えることができます。
カスタム投稿タイプにも対応した、パン屑ナビ用のWordPressプラグイン「Breadcrumb NavXT」

フロント画面にパン屑リストを出力

フロント画面にパン屑ナビを出力するには、テーマファイルに以下のコードを挿し込みます。
<div class="breadcrumb">
<?php
if(function_exists('bcn_display'))
	{
	bcn_display();
	}
?>
</div>
こんな感じで表示されます。パン屑ナビの構造は、試しに「HOME > タグ > 記事」にしてみました
カスタム投稿タイプにも対応した、パン屑ナビ用のWordPressプラグイン「Breadcrumb NavXT」

<div class=”breadcrumb”></div> でパン屑ナビを括ってあげれば、.breadcrumb 内をCSS でデザインしてあげることができます。

Breadcrumb NavXT プラグインの基本的な設定と使い方は以上です。

手動でパン屑を設置してもさほど手間はかかりませんが、Breadcrumb NavXT だと設置も管理も楽なので、企業サイトに導入するには便利なプラグインではないかと思います。

  • 32019
    views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この投稿と関連する記事一覧

この記事に関するコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください