「No Future Posts」プラグインで未来日時で記事を表示させながら、予約投稿とを共存させる方法

  • 17866
    views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

未来日時で記事をフロントに表示させる必要が出てきたのでプラグインを物色していたら、No Future Posts が思った通りの動きを実現できそうなので導入してみました。

No Future Post プラグインは未来日時で記事を表示させるプラグインですが、このプラグインを導入すると従来の予約投稿が利用できなくなるため、未来日時記事と予約投稿とを共存させる方法も紹介させていただきます。(…というか、プラグイン側で設定をするだけなんですが)

No Future Post のインストール

WordPressの管理画面より No Future Posts プラグインを検索して新規インストールするか、以下のサイトより直接プラグインファイルをダウンロードしてサーバにアップします。

プラグインを有効化したら、おしまいです。

これで記事投稿画面より「予約投稿」をクリックしただけで、未来時間でフロントに表示されるようになります。
「No Future Posts」プラグインで未来日時で記事を表示させながら、予約投稿とを共存させる方法

従来通りの「予約投稿」も利用したい場合

なお、このNo Future Posts プラグインを利用すると従来の「予約投稿」ができなくなるため、カテゴリ別に「予約投稿記事」と「未来日時記事」を使い分ける運用が良さげです。

管理画面の左メニューでNo Future Posts リンクをクリックして設定画面に移動すると、ポストID やカテゴリID で未来投稿を除外設定ができるようになっていますので、未来日時で投稿したくないカテゴリID やポストID を設定します。
「No Future Posts」プラグインで未来日時で記事を表示させながら、予約投稿とを共存させる方法

プラグインインストール時はポストIDやカテゴリIDが空欄ですので、何も設定しない場合は全ての記事が未来日時で表示されます。

イベント情報を未来日時で表示させるなど用途がありそうな上、イベントニュースは未来日時、ブログ記事は予約投稿 のような使い分けもできるので、結構便利なプラグインではないかと思います。

  • 17866
    views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この投稿と関連する記事一覧

この記事に関するコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください