WordPressプラグイン「Tweetable」の設定方法について

  • 11011
    views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

先日の Twitterとの連動には「Tweetable」が良さげ の記事の続きですが、Tweetableの設定面であと、もうちょいだけ触れます。

Tweetable の設定

WordPress 管理画面の左メニュー「Twitter」 » 「Settings」 と進み、「Tweetable Settings」ページを表示します。
WordPressプラグイン「Tweetable」の設定方法について

全項目を入力、選択する必要はないので、必要な箇所のみを設定します。

Twitter User Level:

「ユーザー権限の設定」。どのユーザー権限にTweetable 機能を保持させるか?の設定です。

URL Shortener:

「短縮URLの設定」。「Ow.ly」とかならそのままセレクタで選択するだけで良いと思いますが、「Bit.ly」であればアカウントや API Key の入力が必要です。

※Bit.lyについては
などのページをご参考ください。

Tweetmeme Button:

記事内にTweetボタンを設置するかどうか?の設定。※Full button や Compact button などありますので、設置の際はブログデザインに合うものを指定すると良いですね。

Auto-Tweet Posts:

ブログ記事投稿と同時にTwitter に連動させるかどうか?の設定。チェックで良いと思います。

Auto-Tweet Posts Prefix:

調べてみると、つぶやく際に挿入する「定型句」のようです。当ブログでは設定していませんので空欄です。

Campaign Tracking:

直訳すると、Google Analytics のキャンペーンタグを自動で追加するかどうか?の設定。チェックなしでも問題ないでしょう。

Remove Stylesheet:

Tweetable スタイルシートを適応させるかどうか?の設定。デフォルトの設定のままで問題ありません。


このまま「Save Cahnges」ボタンをクリックすれば設定が完了します★


Twitter 連携のテスト

あとは実際にWordPress 投稿画面より記事を投稿し、Twitterに反映されているか?テストしてみて、問題なければ連動完了♪となります。

Twitter Tools や Simple Tweet も使ってみましたが、個人的には設定面でも Tweetable の方が楽だった感触です。

今の所、連動面でも安定している感じで、使い心地はかなり良いです♪

  • 11011
    views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この投稿と関連する記事一覧

この記事に関するコメント

コメントを残す