パーマリンク周りで使えそうなWordPressプラグイン 5選

  • 21349
    views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

特にWordPressで企業サイトなどを構築する場合や、少し規模の大きいサイトを運用するとなると、パーマリンクにはいつも以上に気を使います。

そのようなパーマリンク周りに関して、個人的にコレは便利で使える!!というWordPress プラグインを5 つ紹介いたします。

※パーマリンク周りの処理は各サイトやブログによって設定が様々だと思いますので、以下の記事はあくまで参考程度にご覧いだけますと幸いです。

また、ベースのパーマリンク設定が「/%category%/%post_id%/」であることを前提に進んでいきます。

(1)WP No Category Base

企業サイトなどの場合、投稿記事には制作実績や導入実績、サービス内容やニュースなどの様々なコンテンツを登録されることが想定されますので「category/」というディレクトリ(階層)が不要になる場合があります。このような場合には非常に便利なプラグインが WP No Category Base です。

WordPress はカテゴリに紐づかせる形で記事を投稿していくのですが、例えばパーマリンクが以下の構造で
/%category%/%post_id%/
カテゴリが「service」というスラッグの場合、その投稿記事のURL は
http://www.hoge.com/category/service/111111
のようになります。

この「category/」のディレクトリ(階層)を除去して、パーマリンクを
http://www.hoge.com/service/111111
のように変更することが出来るプラグインが WP No Category Base です。

WP No Category Base と同様の処理をするためのプラグインには、他にも Top Level Categories が有名ですが、個人的な経験から WP No Category Base の方が他のプラグインとの干渉も少なく、挙動が安定している印象です。


(2)WP-PageNavi

パーマリンク周りと言いますか、有名なページャープラグインです。

但しパーマリンクの設定次第によって、ごく稀にページ送りの際に 404 Not Found を吐き出してしまうことがあります。

他のパーマリンク周りのプラグイン(特にWP No Category Base)と併用することで、この辺りの問題が解消されることもあります。


(3).html on PAGES

固定ページのURLに .html を付加できるプラグインです。

例えばパーマリンクが以下の構造で
/%category%/%post_id%/
固定ページに「about」というスラッグを付けた場合、そのページのURL は、
http://www.hoge.com/about/
となりますが、

.html on PAGES プラグインを利用すれば固定ページのUR Lは
http://www.hoge.com/about.html
となります。


親子構造の固定ページの場合

企業サイトの場合、「会社概要」という親ページの中に「企業情報」「企業理念」「アクセスマップ」「代表メッセージ」…などのコンテンツをぶら下げることもあるかと思いますが、このような親子構造の固定ページでも利用できます。

例えば「company/」の親ページの中に「information/」という子ページが存在する場合は
http://www.hoge.com/company/information.html
となります。


拡張子を.html から .php に変更

プラグインファイルを編集すれば .html を.php と拡張子の変更も可能ですが、.html か.php かのどちらか1 つの拡張子で統一されます。

ページ別に拡張子を変えることは出来ないようですので注意が必要です。


(4)Redirection

.htaccess ファイルの設定なしに、ページ毎にリダイレクトの設定をしてしまうプラグインです。

Google ウェブマスターツールなどのサービスで自分のサイトやブログを確認すると、かなり昔に設定した「タグ」や「検索結果」などがリンク切れを起こしていることがあります…。

個別に.htaccess で設定変更するにはかなり面倒…な場合や、WordPressサイトのお引越しなどでやむなくパーマリンクを変更せざるを得なくなった場合のリダイレクト用に利用します。


(5)WordPress HTTPS

パーマリンクというよりも、共用SSL などでWordPress を利用する際に入れておくと使えそうなプラグインです。

使用するサーバとの相性もあるみたいなのですが、
http://www.hoge.com/ から https://www.hoge.com/
のように変更するパターン(独自SSLタイプ)と、レンタルサーバの共用SSL のように別ドメインのSSL を設定できるパターンなど、複数の選択が可能です。

Facebook ページにWordPress で構築したサイトやブログのコンテンツを表示させる場合、また Contact Form 7 のお問い合わせフォームプラグインを利用する場合などには便利かもしれませんね。

  • 21349
    views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この投稿と関連する記事一覧

この記事に関するコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください