WordPress でゴミ箱機能を無効にして、記事を即削除する設定

  • 31537
    views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

WordPress では、ゴミ箱に入った記事が完全に削除されるまでの日数が30 日と設定されています。

この日数は、wp-config.php を開いて「EMPTY_TRASH_DAYS」を追記することで変更できるのですが、EMPTY_TRASH_DAYS を0 にしてゴミ箱機能を無効化する(一発で削除する)ことができます。

ゴミ箱機能を無効化

wp-config.php に、以下の記述を追加します。
define('EMPTY_TRASH_DAYS', 0);
これにより「ゴミ箱」メニューがなくなり、「完全に削除する」リンクに変わります。
WordPress でゴミ箱機能を無効にして、記事を即削除する設定

削除されるまでの日数を調整する

補足ですが、日数を延長する、または短縮するにはEMPTY_TRASH_DAYS の値を調整します。
define('EMPTY_TRASH_DAYS', 180);
上記例だと、ゴミ箱に入った記事が180日後に削除されることになります。

  • 31537
    views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この投稿と関連する記事一覧

この記事に関するコメント

コメントを残す