WP to Twitter プラグインでカスタム投稿タイプの記事をTwitter 連携する方法など

  • 11182
    views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

前回の 投稿記事を自動でTwitter に連携するWP to Twitter プラグインの使い方 の記事で、Twitter アプリケーションの作成から認証の方法までを紹介させていただきましたが、

今回はWP to Twitter でツイートする時のテンプレートの設定や、ハッシュタグの設定、「カスタム投稿タイプ」の投稿記事を連携する方法、その他細かいオプション設定についても可能な範囲で紹介させていただきます

WP to Twitter のインストール

管理画面のプラグイン新規追加より WP to Twitter を検索するか、以下のページからプラグインファイルをダウンロードします。
投稿記事を自動でTwitter に連携するWP to Twitter プラグインの使い方

WP to Twitter のツイートテンプレート設定

前回の記事の方法でTwitter との連携が完了したら、まずはStatus Update Templates 欄で「投稿」「固定ページ」「カスタム投稿タイプ」「リンク」のそれぞれに対して、ツイート時のテンプレートを設定していきます。

短縮URL

「Choose a short URL service (account settings below)」より、短縮URL を利用するかどうか、また利用する場合はどのサービスを利用するかを選択します。
WP to Twitter プラグインでカスタム投稿タイプの記事をTwitter 連携する方法など

ツイートのテンプレート設定

次に「投稿」「固定ページ」「カスタム投稿タイプ」「リンク」のそれぞれのタブ内で、ツイート時のテンプレートを設定してあげます。

カスタム投稿タイプは、デフォルトではツイート連携がON になっていなので、ちゃんと設定してあげる必要があります。
WP to Twitter プラグインでカスタム投稿タイプの記事をTwitter 連携する方法など

※上図では「サンプル」という名のカスタム投稿タイプしか表示されていませんが、ここにはサイトで利用している全ての投稿タイプのタブが表示されますので、連携させたいカスタム投稿タイプ毎にテンプレートを設定していく流れになります。


記事公開時にツイートする

Update when a 投稿タイプ名 is published
は、記事の「公開」時に自動ツイートする場合にチェックを入れます。
WP to Twitter プラグインでカスタム投稿タイプの記事をTwitter 連携する方法など

記事編集時にもツイートする

Update when a 投稿タイプ名 is edited
にチェックを入れると、記事の「編集」時にもツイートされますので、もし不要の場合はチェックを外します。
WP to Twitter プラグインでカスタム投稿タイプの記事をTwitter 連携する方法など

テンプレートタグ一覧

ツイートの文章は自分で自由に作成しても良いですし、WP to twitter ページの右側にも掲載されている通り、以下のようなテンプレートタグを使うこともできます。
#title#投稿のタイトル
#blog#ブログのタイトル
#post#投稿の抜粋
#category#投稿のカテゴリー (最初の一つ)
#cat_desc#custom value from the category description field
#date#投稿の日付
#modified#the post modified date
#url#投稿の URL
#author#the post author (@reference if available, otherwise display name)
#displayname#post author’s display name
#account#@reference 形式のサイトの Twitter アカウント名 (もしくは、個人設定で値があれば投稿者のアカウント名)
#@#the twitter @reference for the author or blank, if not set
#tags#your tags modified into hashtags. See options in the Advanced Settings section, below.

例えば、「記事のタイトル + URL + タグ」の形式でツイートしたい場合は
#title# #url# #tags#
になります。
WP to Twitter プラグインでカスタム投稿タイプの記事をTwitter 連携する方法など

もちろん、自分で好きな文章を入れて、上記テンプレートタグと組み合わせても問題ありません。
WP to Twitter プラグインでカスタム投稿タイプの記事をTwitter 連携する方法など

WP to Twitter の詳細設定(オプション)

あとは細かい設定ですので、必要そうな所だけを紹介させていただきます。

Tags

記事に設定したタグをハッシュタグとして表示させることができます。

ここは、タグの上限数や最大文字数の他、Spaces in tags replaced with: の設定を最低限行っておけば良いと思います。
WP to Twitter プラグインでカスタム投稿タイプの記事をTwitter 連携する方法など

Strip nonalphanumeric characters from tags」にチェックを入れると、半角アルファベット以外の文字(全角文字など)を削除します。つまり、記事に設定した全角文字のタグはTwitter 上に表示されなくなります。

Use tag slug as hashtag value」は、タグの「スラッグ」をハッシュタグとして使用する場合にチェックします。

「Spaces in tags replaced with」に文字列を入れると、タグに含まれる空白文字を指定の文字に置き換えて、ハッシュタグとして使用することができます。

例えば「te st」のような空白付きのタグが記事に設定されていると、Twitter 上では「#te」「st」という具合にひとつなぎのハッシュタグとして表示されないので、「_」の記号を入れることで「#te_st」としてハッシュタグ化させることができます。

「タグの上限数」「タグの最大文字数」を指定することができます。


Permissions

複数のユーザーがいて、権限が分かれているようなサイトであれば、権限別にWP to Twitter の設定や使用を制限することができます。
WP to Twitter プラグインでカスタム投稿タイプの記事をTwitter 連携する方法など

他の設定を全部試していないので不明な所もありますが、「Template Tag Settings」「Template tag priority order」「特殊なツイートタイミング設定」「Google Analytics 設定」「Author Settings」「Error Messages and Debugging」についてはデフォルトのままでも使えるので、個人的には設定を変えていません。


投稿画面

記事の投稿編集画面に行くと、右側に「WP to Twitter」のエリアが出現します。
ここでは投稿別にツイートの文章を変更できる「カスタムツイート」を使ったり、記事別にツイートする・しないを選択することができます。

カスタムツイート

「カスタムツイート」には自由に文章を入れることができ、ここに入れた文字列が上記設定よりも優先されて(上書き)ツイートされます。

いつもはテンプレート、記事によってツイート文章を変えたい、なんて場合にカスタムツイートを利用すると良いかもしれません。
WP to Twitter プラグインでカスタム投稿タイプの記事をTwitter 連携する方法など

※もちろん上図のように、カスタムツイート内でも#title# などのテンプレートタグを使うこともできます。


記事別に自動ツイートするかどうかの選択

また、記事別にツイートさせるかさせないの設定も可能で、「この投稿はツイートしない」か「Tweet this post.」のいずれかにチェックを入れます。
WP to Twitter プラグインでカスタム投稿タイプの記事をTwitter 連携する方法など

  • 11182
    views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この投稿と関連する記事一覧

この記事に関するコメント

コメントを残す