記事を複製できるWordPress プラグイン「Duplicate Post」

  • 13523
    views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

投稿記事や固定ページを複製できるWordPress プラグイン「Duplicate Post」のご紹介です。

個人的には、今までブログ記事を書く上ではさほど重要に思わなかったのですが、

カスタムフィールドやカスタム投稿タイプで情報を登録していくようなサイトを構築、運営するとなると、記事やページの複製の便利さが改めて分かるようになりました。

Duplicate Post のインストール

管理画面のプラグイン新規追加より Duplicate Post を検索するか、以下のページからプラグインファイルをダウンロードします。


Duplicate Post で記事の複製

Duplicate Post はインストールして有効化するだけですぐに使えます。

記事一覧ページに移動すると、記事タイトル下のメニューに「複製」と「新規下書き」のリンクが追加されます。
記事を複製できるWordPress プラグイン「Duplicate Post」

複製

「複製」リンクをクリックすると、コピーされた記事が下書き状態で保存されます。

ちなみに、後述させていただくDuplicate Post の設定変更をしない限り、「未来日付」の記事を複製しても、複製した時点の投稿日時でコピーされます。


新規下書き

「新規下書き」をクリックすると、記事をコピーして下書き状態にするのは「複製」と同じですが、こちらは記事の編集画面へと移動します。


Duplicate Post の設定

特別な設定はしなくとも複製は可能ですが、複製する範囲や複製可能な権限などを調整したい場合は、

管理画面左メニューの「設定」>「Duplicate Post」より Duplicate Post 設定ページへ移動します。
記事を複製できるWordPress プラグイン「Duplicate Post」

ここでは、コピー元記事の投稿日やステータス、抜粋、メディアファイルなどもコピーするかどうかを選択したり、
記事を複製できるWordPress プラグイン「Duplicate Post」

コピーしないカスタムフィールドなどを指定したり、
記事を複製できるWordPress プラグイン「Duplicate Post」

複製可能な権限を選択したりすることができます。
記事を複製できるWordPress プラグイン「Duplicate Post」

  • 13523
    views
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この投稿と関連する記事一覧

この記事に関するコメント

コメントを残す